エコカー減税について|対象車や期間はどうなってるの?

エコカー減税について|対象車や期間はどうなってるの?

エコカー

 

エコカー減税は、国土交通省が定めた基準を達成する環境に優しい車の自動車税、自動車重量税、自動車取得税を免税・減税する優遇措置です。

 

2015年11月現在は、6段階の基準が設けられています。

 

・対象車は次世代自動車
電気自動車、プラグインハイブリッド車、クリーンディーゼル車、燃料電池自動車などがこれに当たります。

 

自動車取得税は免税、自動車重量税も※1免税で2回目の車検時(初回継続検査)も免税です。

 

対象車はTOYOTAのアクアやMAZDAのCX-3などですね。

 

 

どれだけ減税されるの?

 

・平成32年度燃費基準+20%
自動車取得税は免税、自動車重量税も※1免税で2回目の車検時(初回継続検査)も免税です。

 

※1
対象は平成26年4月1日以降の新車新規登録時に免税措置を受けた自動車です。それ以前に新車新規登録時に免税措置を受けた自動車は、初回継続検査(2回目車検)時の自動車重量税は50%の軽減措置が適用されます。参照サイト 国土交通省 エコカー減税Q&A

 

・平成32年度燃費基準+10%
自動車取得税は80%減税、自動車重量税は75%減税

 

対象車はNISSANノート・TOYOTAパッソなどノーマルエンジンながら低燃費技術を駆使して燃費性能を上げています。車両価格が安いのも人気の理由です。

 

・平成32年度燃費基準達成
自動車取得税は60%減税、自動車重量税は50%減税

 

対象車はHONDAステップワゴン SUBARUレヴォーグなど小排気量ターボ車が最近出てきました。

 

・平成27年度燃費基準+20%/10%
自動車取得税は40%減税、自動車重量税は25%減税

 

・平成27年度燃費基準+5%
自動車取得税は20%減税、自動車重量税は25%減税

 

それぞれ車種が満たす基準によって、減税率も異なります。買い替えの候補が決まれば、ディーラーに良く確認しましょう。

 

 

エコカー減税でどれくらい得をするの?

 

最近の売れ筋の車種であれば、大半の車種がエコカー減税に適用されます。例えば、車両価格が200万円位で、重量税が1500cc以下の普通乗用車であれば、車を買う時には最大で9万円位のエコカー減税が受けれます。

 

9万円あれば、カーナビや他の好きなオプションも追加できますよね。

 

このような減税は、国の予算が無くなり次第廃止、という物も多いですので注意が必要です。

 

必見!車買い替えの3つのポイント|知ってるだけで20万円以上もお得!!  

今乗っている車を最も高く売る!

下取りではなく、買取業者に最高値で売る! ⇒ 詳細はコチラ

 

次に買う車を安く買う!

市場には出回らない新古車(未使用車)を賢く買う! ⇒詳細はコチラ

 

任意保険を見直す!

任意保険を見直すとこんなにお得になりますよ! ⇒詳細はこちら