車の買い替え キズは修理して査定に出す?

車のキズや凹み、査定までに修理した方がいいの?

車のキズ

 

「このキズ、査定に響くかな・・」

 

車を買い換えようと思って愛車を査定に出す時、ついてしまったキズや凹みが査定にどれくらい影響するのか?気になるところですよね。

 

査定の前に修理しておくべきでしょうか?そうすれば査定額はアップするでしょうか?気になるポイントについてお伝えします。

 

 

愛車のキズや凹みは、査定額に影響するの?

 

車に目立つキズや凹みがあると、査定額がマイナスになるのは事実です。業者としては、買い取った車をそのままの状態では販売できないので、修理してから店頭に並べることになります。

 

ですので、その修理代金分、査定金額からマイナスされる計算になります。

 

少し話がそれますが、車の査定は減点方式で計算されます。当然ながら、車についたキズや凹みについても減点の対象になります。

 

ボディについたキズや凹みの深さや大きさによって、減点金額は違ってきますが、買取業者によって極端に違う事はありません。

 

さほど目立たないキズや凹みは、それほど査定額に影響はないようです。

 

「1cm未満の傷は査定に影響しない」というサイトもありますが、これはキズの深さにもよります。

 

わずかな擦り傷ではなく、釘で刺したような深さのあるキズは、やはり査定に影響します。

 

また、ボディカラーによっても変わってきます。例えば、ブラックよりもパールホワイトのほうがわずかですが塗装に費用がかるので、査定のマイナス金額も少し高くなる可能性もあります。

 

 

修理してから査定に出した方がいいの?

 

そのままでは査定にマイナスに影響するのであれば、自分で板金業者を探して修理に出すのはどうでしょうか?「激安!」なんて安さをアピールしている業者もあります。

 

結論から言えば、修理に出すのはあまりお勧めできません。

 

その理由は、まず「結局高くつく」という事です。

 

板金業者が出す修理の見積りは、個人と中古車業者とではかなり金額が違います。当然個人の方が高くなります。利益を多くのせてくる、という事ですね。

 

ディーラーや中古車業者は、昔からずっと取引をしている板金業者が必ずあります。毎月のように仕事を依頼しているので、板金業者からすると「上得意先様」なわけです。

 

ですので、一般の個人のお客さんよりも当然修理費用も安くなります。

 

そして信頼関係もあるので下手な修理はできません。

 

一方、個人の場合は言わば「いちげんさん」になります。そう何回も修理には出さないので「お得意さん」にはならないのです。ですので、通常の利益をのせて見積もってきます。

 

「それなら、とにかく安い業者を探して安く仕上げる」というのも避けた方がいいです。

 

いい加減な修理をされると、それもマイナス査定になってしまします。

 

プロが見ればキズの修理の跡はわかってしまいますので、修理歴を隠すこともできません。

 

キズや凹みで査定額がマイナスになる可能性はありますが、修理すると余計な出費になるケースがほとんどです。

 

 

自分でコンパウンドをかけて目立たなくするのは?

 

そんなに大きな傷ではないので、査定に出す前に自分でコンパウンドで磨いたりするのもよくありません。

 

そういった事に慣れている方なら、奇麗に仕上げることもできるかもしれませんが、素人がやると逆効果になる可能性大です。

 

ボディの塗装が痛んでムラが出たりしてしまうと、逆に査定額のマイナスが大きくなってしまいます。

 

素人が治せるキズは、プロなら難なく即効で直してしまうでしょう。

 

 

結論、傷や凹みはそのままの状態で査定に出す!

 

キズや凹みを何とかして、査定額を上げようと思ってアレコレしても、結果的に得になる事はほとんどありません。

 

それよりも、今の状態の車を「最高値」で買ってくれる業者を探すべきです。車の査定額は、業者によって20万円以上の開きがでるケースも少なくありません。

 

でも、何社もお店を回って査定金額を比べるのは大変です。時間も労力もかかってしまいます。

 

こちらのサイトを使えば、1回の入力で最大10社の見積りが比較できて、愛車の最高額がわかります。

 

かんたん車査定ガイド

 

今の概算価格も即座に表示してくれるので、一度確認してみてはいかがでしょうか。