新車の値引き額を増やす方法|お得な車の購入方法まとめ

新車の値引き額を増やす方法|お得な車の購入方法

値引き交渉

 

新車を購入する時、ディーラーでの商談で気になるのは、やはり「値引き金額」ですよね。

 

実際の値引きの交渉は、どのように行えばよいのでしょうか。

 

値引き金額を引き上げる方法は、やはりライバル車も検討している事を営業マンに伝えるべきです。その際、単に値引き額を上げるための方法だと思われないために、競合車の事も少し調べておきましょう。

 

営業マンは、自分の判断で出せる値引き金額は決まっています。それ以上になると、上司の承認が必要になります。

 

競合車があると、営業マンも上司の説得がしやすくなります。

 

ライバル車種との競合

 

一番ポピュラーな値引き交渉です。違うメーカーの同等車種を引き合いに出して値引き交渉をします。

 

例えば、トヨタのヴォクシーと日産のセレナ、ホンダのフィットとマツダのデミオなど、各社の売れ筋で似たような価格・排気量の車種を引き合いに出しましょう。

 

特に、トヨタと日産は有効です。お互いマーケットシェアを重視していますし、販売店も同様です。

 

例えば、今乗っている車がトヨタで、日産車に乗り換える、と言う場合。これは、「他社取り」といって他社のメーカーから自社の車に乗り換えてくれば、営業マンに会社から報奨金が出るケースもあります。

 

営業マンも熱が入るはずです。

 

同じ車種で販売店で競ってもらう

 

同じメーカー・車種でも、販売系列会社が異なると、値引き交渉ができます。同じ車種を違う販売系列のお店で交渉するのも一つの手です。

 

それぞれ別会社ですので、遠慮はいりません、

 

OEM車との競合

 

ベースは同じ車でも、OEM等で違う車種として販売している車もあります。例えば、日産のセレナとスズクのランディ、トヨタのプリウスとダイハツのメビウスなど、他にもありますよ。

 

OEM車を選択する方は少ないでしょうが、値引きの交渉には使える場合もあります。「欲しい車 OEM」とネットで検索すれば調べることができます。(OEM車がない車種の方が多いです)

 

以上、簡単ですが値引きを増やす方法をまとめてみました。

 

基本的に値引き交渉は同じようなタイプの車を競合させますが、1BOXとSUVで迷っているなら、そのまま伝えても大丈夫だと思います。

 

実際に迷って色々と双方の車を調べていることでしょうから、商談時のリアリティも強まります。

 

当然ですが、交渉できる金額にも限界はあります。ある程度で妥協して、営業マンと良好な人間関係を構築しておくことも、後々長い付き合いになりますので大切だと思います。

 

値引き金額は、交渉次第である程度の開きが出ることは事実です。

 

でももっと大きな金額の差が出る事があります。

 

それは、車の下取り金額です。

 

ディーラーは、新車を売ることが本業ですので、下取りについては「新車を買っていただく代わりに、車引き取ります」といった感じです。

 

一方、車買取業者と言うものがあって、そちらは車の買取りを「仕入」と捉え、1台でも多く車を買取ろうとします。

 

下取りと買取りでは、平均で17万円も買取りの方が高く査定を付ける、というデータもあります。新車の値引きで17万円の差が出ることは少ないですので、下取りには注意が必要です。

 

ディーラーに提示された下取り価格が妥当かどうか?判断するために、事前に愛車の査定相場は必ず調べてお
きましょう。

 

最新の愛車の査定相場は、こちらのサイトで調べることができます。簡単な入力で、すぐに愛車の査定相場が分かります。また、最高額で買い取ってくれる業者と金額も分かりますよ。

 

かんたん車査定ガイド