車を選ぶときの注意点・ポイント【車買い替えナビ】

車を選ぶときの注意点・ポイント

車の選び方

 

車を買おう!

 

そう思った時から車選びが始めるわけですが、国産車だけでも200種類の車が販売されています。

 

その中から1台を決めるのですから、結構色々迷いますよね。

 

まずは、車を選ぶときのプロセスについて考えてみます。

 

 

車を選ぶときの流れ

 

1.車の主な使用目的を考える

 

まずは「車の主な使用用途」について考えましょう。

 

通勤に使うのか、趣味やレジャーを中心に考えるか、その時の乗車人数は?など、車の使用目的によって選ぶ車も変わってきます。

 

おもに通勤だけなら、軽自動車やコンパクトカーなどえ「燃費重視」となでしょう。

 

5人家族でキャンプに行きたい、という場合は1BOXなどの3列シートの車種が欲しいところです。キャンプ用品を積載する為のスペースも必要です。

 

また、ドライブは週末だけで、走りにこだわりたい!という方はミッションタイプの車を選ぶかもしれません。

 

2.予算を決める

 

車を選ぶ時は当然予算も重要ですよね。いくらかかっても好きな車を買う、という方も中にはいらっしゃるでしょうが、なかなかそうもいきません。

 

気をつけなくてはいけないのは、新車でも中古車でも車両価格以外に税金やディーラーの代行手数料・自賠責保険などの費用がかかってきます。

 

また、車を買ったら維持費もかかってきます。

 

任意保険・自動車税(軽自動車税)・車検・ガソリン代・オイル交換やワイパー交換など、維持費も車種によってかなり変わってきますので、事前に調べておきましょう

 

車種ごとの維持費について

 

 

3.候補となる車種を考える

 

ここまで来たら、候補となる車種を絞ってみましょう。一発で絞れたらそれで構いませんが、違うメーカーで気になる車種があれば両方検討してみましょう。

 

4.実際にディーラーに行く

 

実際にディーラーに行って、試乗をしてみましょう。それほど長い距離は運転させてくれませんが、ある程度の走行感はつかめるはずです。

 

試乗車は、その車種でも上位のグレードの場合が多いです。

 

もし欲しいグレードの試乗車がない場合は、せめて車内のハンドルやインパネ、シートの質感などは知っておきたいですのね。

 

営業マンに頼めば、そのグレードの納車前の車があれば、見せてくれる場合もあります。

 

車種グレードが決まれば、見積書をもらいます。

 

買い替えで有れば、下取りの査定も同時に行われます。

 

ただ、ここでは注意が必要です。なぜなら、ディーラーの下取り査定は、買取専門店よりもかなり低いからです。

 

詳しくはこちらの記事で書いています。下取りより買取が絶対お得!

 

見積もりは、「下取りあり」と「下取り無し」の両方もらいましょう。

 

 

5.契約、納車♪

 

こんな感じでしょうか。

 

 

車を選ぶときの注意点・ポイント

 

1.今のモデルはどれくらい続いている?

 

車は日々進歩いていて、新しく出た車の方が、燃費性能や安全装備など向上しています。

 

マイナーチェンジと称しながら、性能はガラッと変わる場合もありますので、マイナーチャンジやモデルチャンジのタイミングにも注意しましょう。

 

長らくモデルが変わっていない車は、設計も古く燃費や安全性能などで見劣りしてしまいます。

 

2.人気車種?

 

新車の時の人気は、車を手放す時の査定金額にも影響します。やはり人気がある車は中古市場でも高値で売買されるためです。

 

人気だけに左右されることもないですが、迷った時には思い出してみてください。

 

3.エコカー減税の対象?

 

最近の車は燃費性能も良く、ガソリン車でもエコカー減税が適用されています。でも中には対象外の車もあり、その場合は数万円高く買う事になります。

 

対象車は燃費もいいですから、エコカー減税対象車を選んだほうがお得です。

 

必見!車買い替えの3つのポイント|知ってるだけで20万円以上もお得!!  

今乗っている車を最も高く売る!

下取りではなく、買取業者に最高値で売る! ⇒ 詳細記事

 

次に買う車を安く買う!

市場には出回らない新古車(未使用車)を賢く買う! ⇒詳細記事

 

任意保険を見直す!

任意保険を見直すとこんなにお得になりますよ! ⇒詳細記事