ローンの残債があっても車は買い替えれる?ローン中でも大丈夫?

ローンの残債があっても車は買い替えれる?ローン中でも大丈夫?

通帳と電卓とコーヒーカップ

 

車は高額な買い物ですので、ローンを組んで購入する方も多いですよね。

 

自動車ローンは大体3年〜5年で組むケースがほとんどですが、ローンの途中で「どうしても車を買い替えたい!」ということもあるかもしれません。

 

では「自動車ローンの残債(ローン中)があるのに車を買い替えるとはどういうことか」、について解説してゆきます。

 

まずは「車の所有者」の確認を行う

 

車の所有者が「誰か」によって、買い替える方法は変わってきます。

 

まずは、車検証の「所有者の氏名又は名称」という欄をチェックしてみてください。

 

「所有者の氏名又は名称」が個人(あなた)名義の場合

 

この場合は所有者「はあなた:ですので、比較的自由に車を買い替えることができます。

 

銀行系のマイカーローンを利用している場合、ローン支払い中であっても自分の名義になっている場合ですね。

 

ただし、ご利用中のローンによっては、支払い途中での車の売却を禁止している場合もありますので、事前に確認する必要があります。

 

2重ローンになる可能性がある

個人名義で自由に買い替えれる♪と喜んでばかりはいられません。

 

手放す車で組んだローンは、当然支払わなくてはなりません。

 

ローンの残債以上の金額で売れれば良いですが、ローンの残債の方が多ければ、2重のローンを支払うことになります。

 

どこに売却するかが重要

ということは、それまで乗っていた愛車をできるだけ高く売ることがポイントとなります。

 

実は、車の買い取り額(査定額)はお店によって、大きく異なります。

 

特にディーラーの下取り価格は、買取専門店よりも平均で17万円も安い、というデータもあります。

 

また、買取専門店の間でも車種によっては20万円以上の差が出るケースもあります。

 

愛車の「下取り」と「買取り」の違いは?

 

ですので、複数の買取専門店から見積もりをもらうべきです。そうしないと愛車を安く買い叩かれてしまいます。

 

でも、自分で何件も回って査定金額を比べるのも大変ですよね。時間も労力もかかります。

 

こちらのサービスを使えば、1回の簡単な入力で複数の買取専門店に見積もりを依頼できます。

 

一番高い査定を出してくれたお店に、車を売却すべきです。

 

かんたん車査定ガイド

 

入力後、すぐに愛車の買取相場も教えてくれます。

 

「所有者の氏名又は名称」が信販会社やディーラーの場合

 

車検証の「所有者の氏名又は名称」が信販会社やディーラーになっている場合、勝手に車を売ることはできません。

 

「えっ!?普段から乗っているのに自分の車じゃないの?」

 

と思われるかもしれませんが、法律上の所有者ではないので仕方ありません。

 

車を買い替えるには、所有権を自分い切り替える必要があります。これを「所有権留保の解除」といいます。

 

所有権留保の解除をしてもらうには、ローンを完済する必要があります。

 

ローンの残債と買い取り額、どっちが多い?

 

先程の所有権が自分の場合と同様ですが、所有者が自分以外の場合でも、「ローンの残債と車の買い取り額」の比較になります。

 

買取額の方が高ければ、所有権をローン会社から買取専門店に移せばOKです。差額は買取専門店からもらえます。

 

逆に、ローンの残債の方が高ければ、その差額を一括で支払うことになります。でも、それも大変なので無理、という場合は、残債を買取専門店に月々の返済で支払うことも可能です。

 

いずれにせよ、愛車を一番高く売ることが重要です。

 

愛車の最高額を調べてみる

 

まとめ

 

ローン中の車を買い替えることは可能ですが、ローンの残債の方が買い取り額よりも高ければ、無理をしてまで車を買い替えることは控えたほうが良いかもしれません。

 

ご存知のように、車には維持費がかかります。

 

毎年の自動車税(軽自動車税)や自動車保険、毎月かかるガソリン代や消耗品、2年ごとの車検代

 

それらに加えて、ローンの負担が増えてしまいます。

 

ちなみに、ディーラーに「下取り」で持ち込んで新車に買い替える場合は要注意です。

 

ディーラーの下取り査定が低いうえに、新車の値引きと下取り額がゴチャ混ぜになって、「損」をしてしまいます。

 

また、ローンの残債を新車のローンに上乗せできますよ、ということで買い明けが可能かもしれませんが、ディーラーの自動車ローンの金利は高いケースが多いのです。

 

ローン中でも買い替えたい、と思ったら、まずはローンの残債と今の車の買い取り額を比較してみましょう。