車の「下取り」と「買取り」では相場が異なる?!車買い替えナビ

車の「下取り」と「買取り」 実は相場が異なる?!

車の相場

 

車の「下取り」と「買取り」 実は相場が異なる?!

 

車を買い替える場合は、今乗っている車を下取りに出すか、買取り専門店に売却するかのどちらかになります。

 

一昔前は、新しく車を購入するディーラーに下取りに出す方がほとんどでした。古くなった車を「引き取ってくれる」という意味合いが強かったですね。

 

ですので、下取り金額については、同じメーカーのディーラーに持ち込んだ方が得、というのが一般的でした。

 

一方、車買取業者の方が高く買い取ってくれるケースが多いと言う事実から、少し手間は掛かりますが、買取り専門店に売却される方が増えています。

 

最近では、TVやラジオのコマーシャルで良く聞きますよね。それだけ利用する人が増えているのです。

 

ディーラーは下取りした車はどうするの?

 

ディーラーは、自社の車を1台でも多く販売し、メーカーへコミットした目標台数を達成して報奨金をもらうことがメインの仕事です。

 

ですので、下取りした車に時間をかけて販売先を探すようなことはしません。下取った車は取引のある中古車屋さんに販売することが大半です。

 

車買取業者は買取った車はどうするの?

 

車買取専門業者は、1台でも多くの車を買取ることがメインの仕事です。買取った車はすぐにオークションで販売されます。

 

在庫として持っていても価値は下がってゆくだけですので、1日でも早く売ろうとします。

 

また、海外に輸出のルートをもっている業者は、海外のマーケットで販売します。この場合は国内の相場は関係なく、各国の相場で販売できます。

 

欲しい!と思った車は、当然他社と競ってでも高値を付けて買取ろうとします。

 

車の相場のベースはオークションの取引金額

 

ディーラーも中古車屋さんに下取った車を売り、その業者はオークションで販売します。買取り専門業者も、車の販売先は主にオークションとなっています。

 

ここで整理してみますね。

 

例えばオークションの取引相場が100万円の車があったとします。

 

同等の車にあなたが乗っていて、今回車を買い替える事になりました。

 

ディーラーに下取りで査定を依頼すると、

 

100万円-15万円(提携している中古車屋さんの利益)-15万円(ディーラーの利益)=70万円

 

買取り専門業者に依頼すると

 

100万円-15万円(買取業者の利益)=85万円

 

※分かりやすくするために。利益をそれぞれ15万円と仮定しています。

 

このような構図になります。

 

車買取業者の間でも査定金額は異なる

 

先のお話しでお判りでしょうが、ディーラーと車買取業者の会社としての目的が違うので、車の査定額が異なるのはある意味当然です。

 

では、車買取業者の査定は、どこに出しても同じような金額が出てくるのでしょうか?

 

答えは「NO」です。

 

なぜ?

 

と思われることでしょうね。

 

車買取業者も強みというか、メインに扱っている車種が異なります。

 

例えば、4駆・1BOX・軽自動車・スポーツタイプなどそれぞれの会社によって得意分野が異なります。

 

また、海外に輸出のルートをもっている会社は、日本では安く買える走行距離が10万キロ以上の車や年式の古い車も積極的に買取ります。

 

海外では古い車でも日本車のブランド力は健在ですし、走行距離10万キロなんて全く珍しくありません。

 

市場で人気のある車は当然ですが、その会社が欲しいと思った車は、他社と競って高値をつけます

 

ですので、車買取業者に売却する場合でも1社ではなく、複数の業者から見積もりをもらいましょう。

 

でも、何社も回って査定の依頼をするのも大変ですよね。時間も手間もかかります。

 

こちらのサイトを使えば、1度の簡単な入力で複数の買取業者に見積もりを依頼できます。

 

入力後すぐに査定相場も分かりますので、1度試してみてはいかがでしょうか。

 

かんたん車査定ガイド