車検は車の買い替え時期? 【車買い替えナビ】

車検は車の買い替え時期?

車検

 

車検費用っていくら位かかるの?

 

車検費用には重量税、自賠責保険、印紙代などの「法定費用」と24か月定期点検整、検査代などの車検基本費用、そして交換部品代やその工賃などが含まれます。

 

この法定費用はその名の通り、どこで車検を受けても金額は変わりません。

 

年数や走行距離によって交換が必要となる部品も変わってきますので、一概に「いくら」とは言えませんが、ディーラーに出す場合には初回の車検でも12万円位はかかってきます。

 

民間工場やガソリンスタンドの車検はディーラーよりも安くなるケースが多いです。

 

車検費用の内訳の詳細記事:気になる車検費用、内訳や平均は?

 

 

なぜ、金額が違うのでしょうか? 

 

それは整備費用が違うからです。実際に、「車検」と「整備」は別の物と考えるとわかりやすいと思います。車検は国が定めた基準を満たしているかを検査します。

 

整備は車の壊れそうなところピックアップして、あらかじめ部品交換や整備を行って、次の車検まで安心して乗れるようにすることです。

 

車検の合計金額が安いところは、車検に通るために本当に交換の必要がある部品しか交換しない。

 

高いところは、次の車検まで安全に乗れるように、壊れそうなところをあらかじめ交換、整備しておく。

といったところでしょうか。

 

ですので、できるだけ安く!ということで車検時は安く上がっても、半年先に修理が必要になる可能性が有るかもしれませんし、その場合、逆に高く付いてしまうかもしれません。

 

また、車検の回数が増えるということは、年数も走行距離も当然増えてゆきます。必要な交換部品も増えてくるので、車検金額も上がってゆきます。

 

ディーラーや民間の車検工場は、事前に実車を見てくれて、そのうえで見積りを出してくれます。ですので、いきなり高額な請求がきてビックリ!ということは、ほぼありません。

 

見積りを元に、本当に交換が必要かどうか?素人ではわからないこともい多いので、納得いくまで確認するのがいいと思います。

 

車検で結構な金額が予想され、他に欲しい車があるときなどは、まさしく「買い替え時期」という事になりますね。

 

車検切れ間近の車の査定は低いの?

 

車検の有効期間が長く残っている方が査定にプラスになるのは間違いありません。車検切れ間近の車よりも、1年半車検が残っている方が高く売れます。

 

と言っても、法定費用分の数万円が上乗せされる程度ですが。ですので、間違っても査定額を上げるために車検を通す、なんてことはしないで下さいね。

 

車検にかかった費用よりも査定額がアップすることは、まず「ありません!」

 

さて、車検の見積りが届いて金額を見ると、「思ったより高いな」なんて事も良くあります。

 

そんな時に他に欲しい車があった時には、今の車、買い替えたらいくらで売れるのか?が気になるところです。

 

愛車の査定価格をインターネットで調べようと思っても、最新の査定相場はネット上には載っていません。

 

なぜなら、車の査定相場は、毎日のように行われている中古車オークションの売買価格と連動しているので、一覧表などに出来ないのです。

 

じゃあ、いきなりディーラーに新車の見積もりと愛車の査定を依頼する、というのはいかがでしょうか?

 

これはもう、「カモがネギをしょって」来たようなものです。

 

車の査定価格には定価と言うものは当然有りませんし、一般消費者が査定相場を知っていないのは、査定する側も理解しています。

 

そのため相場より安い査定額を提示しても、すんなり通ってしまう事が多いのです。

 

ですので、愛車の最新の査定相場を知りたい場合は、こちらのサイトを使ってみてください。

 

かんたん車査定ガイド

 

同時に複数の買い取り専門店に。見積もりを依頼できます。

 

ディーラーに下取りに出すよりも、「買取」の方が平均で17万円も高く売れる。というデータもありましたよ。

 

おすすめの記事:
車の買い替え 下取りよりも買取が絶対お得!
カーローン金利相場|低金利のローンを選ぶべし!
自動車保険、任意保険を見直してみる

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加