カーローン金利相場|低金利のローンを選ぶべし!車買い替えナビ

自動車ローンの金利が違うと、支払金額がこんなに変わる!

車の模型と1万円札

 

車は高価な買い物です。新車で購入となるとコンパクトカーでも200万円ほどします。

 

現金一括で購入できればいいですが、ローンを組んで購入する方も沢山いらっしゃいます。

 

自動車ローンをクルマと一緒に気軽にに申し込んでしまうと、支払総額で数十万円単位で損をしてしまう可能性があります。

 

なぜなら、それぞれ自動車ローンの「金利」が違うからです。

 

金利が違うと支払総額がどれほど違うのか、簡単な試算をしてみました。

 

【借入金額 200万円 支払い回数36回(ボーナス払いなし)と想定した場合】

ローン金利 返済総額 支払利息総額 月額返済額
金利2% 2,062,248円 62,248円 57,285円
金利5% 2,157,888円 157,888円 59,941円
金利8% 2,256,203円 256,203円 62,672円
金利10% 2,323,219円 323,219円 64,534円

となります。金利でこんなに違いが出るのです。

 

 

カーローン金利相場

 

車の購入でオートローンを組む場合は、金利は3%〜7%が大体の相場です。

 

近年の日銀のマイナス金利導入決定の影響も少しはあるのでしょうか、お店によって「特別金利」を設定している場合も増えてきていますね。

 

特別金利が3%台の車種もあったりします。TVコマーシャルなどで見かけますね。

 

ただし、「残価設定型ローン」は全くの別物です。残クレについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

 

販売店も提携している信販会社のローンを勧めてくる場合もあります。その場合の金利は10%近い金利の事もありますので注意が必要です。

 

 

中古車販売店のカーローン金利相場は高め

 

中古車販売店でローンを組んだ場合の金利の相場は9%位です。

 

結構高めの設定になっていますね。なぜこんなに違うのでしょうか?

 

中古車販売店は、じつは車の販売での利益はそれほどありません。他店との価格競争も激しいので、安くしないと売れないのです。

 

どちらかと言えば「手数料」で利益を出しています。

 

中古車も価格競争が激しいので、車両本体価格を安くみせて販売したいのです。

 

ですので、自動車ローンの金利(手数料)も大切な収益源となっているのです。結果、金利の相場も高めになっています。

 

 

銀行系カーローン金利相場

 

ここでいう、銀行系とは、銀行・信用金庫・JA・労働金庫などです。銀行系のオートローンの金利相場は、2%〜5%と言ったところでしょうか。「カーローン 特別金利」と検索してみると、1%という信用金庫もありますね。

 

金利の事を考えると「銀行系が安くていいな」と思いますが、少し注意が必要です。

 

それは、

借入先を自分で探して申し込む必要がある
審査が厳しい
手数料が別にかかる場合がある
審査に時間がかかる(場合もある)
車両本体価格以外の諸費用は、借入の対象にならない

などです。(各機関によって条件は異なります。)

 

結局どこのローンがいいの?

 

・金利が高い自動車ローンは、審査が緩くて早い

 

・金利が低い自動車ローンは、審査が厳しく時間もかかる

 

という傾向にあります。

 

ローンを使って車を買い替えるのであれば、早めに銀行系のローンの審査に申し込んでおいた方が断然お得です。

 

来店不要でネットで申し込みができるこちらがオススメです。

 

 

 

金利も大事だが、買い替えの場合はもっと大事なことが!

 

自動車ローンの金利によって、支払うお金がかなり変わってくるのはご理解いただけたと思います。

 

出来るだけ支払総額は少ない方がいいですよね。

 

金利の比較も大切ですが、車の買い替えの場合は大切なことが他にもあります。

 

それは、どこで車を手放すかです。

 

ディーラーは先程もお伝えしましたが、新車を売ることが使命です。ですので、下取りに対しては、あまり積極的ではありません。

 

「新しく車を買ってくれるのであれば、代わりに車を引き取ります」という、いわば付帯業務なのです。

 

ディーラーでの下取り査定金額は、業界の相場よりもかなり安く見積もられるケースが多いです。

 

最新の車の査定相場はネットや雑誌にも載っていません。ユーザーが知らないことをディーラーは理解しているのです。

 

一方、車買取専門業者というものがあります。その名の通り、車を買取って販売する差益で商売をしている会社です。

 

こちらは、車の買取りは「仕入」ですので、欲しい車は他の業者に取られたくないので、積極的に高値を付けてきます。

 

ここでの「高値」とは、最新の査定相場を元に付けられます。買取り専門業者は最新の査定相場を常に把握しています。

 

ディーラーは、新車を売ることが精一杯ですので、最新の査定相場を把握しているケースは少ないです。

 

ですので、車の買い替えを考えだしたら、愛車の最新の査定相場を調べておきましょう。

 

そうすることで、愛車を安く買い叩かれることを防げます

 

「ネットにも最新の査定相場は無い」と書きましたが、こちらのサイトを使えば簡単に分かります。

 

かんたん車査定ガイド

 

簡単な入力ですぐに愛車の査定相場を教えてくれます。

 

また、同時に複数の買い取り専門店に見積もりを依頼できますので、最高額で買取ってくれる業者と金額も分かります。

 

ディーラーの査定よりも平均で17万円も高く売れた、というデータもありますよ。

 

最高値で買ってくれる業業者に売るも良し、ディーラーとの交渉に使ってみるも良し。ディーラーも、下取り金額で勝てなければ、新車の値引きを大きくしてくれるかも知れません。

 

どっちにしても、知っておくべきですよね。