車は何月に買い替えがお得?月によって損や得はあるの?

車は何月に買い替えがお得?月によって損や得はあるの?

何月に買い替えるか

 

一般的には販売店の初売り、決算月

 

良く言われるのは、車の値引きが高くなるのは、1月の初売りか3月の決算時期です。

 

新年早々、各自動車メーカーはTVコマーシュルをよく打っていますよね。新年で気分が新たになったところで、車も買い替えませんか?というアピールです。

 

また、各ディーラー・販売店の決算期の3月が新車の販売台数が伸びる月ですので、それに向けた布石でもあります。

 

ディーラーは、年間の新車の販売目標台数をメーカーに掲げます。その目標を達成できると自動車メーカーから多大な報奨金が入ります。また、企業として、決算の数字を少しでも上げたいので、やはり3月の販売に対する意識は他の月とは違います。

 

ですので、何とか3月中に納車まで持ち込もうと必死になります。

 

ここで、注意して頂きたいのはこの「3月中に納車」と言う事です。

 

メーカーへの販売台数の実績は、ナンバープレートがついて車が登録された時点でつきますので、納車が4月にずれ込むと、翌年度の実績となります。

 

その場合、値引き額が低くなる可能性もあります。自動車の登録は、契約してから必要な書類を揃えて、車庫証明をとってから行います。

 

契約から納車までは1ヶ月位は見ておいた方が良いでしょう。(人気の車種の場合は数カ月待ち、なんてこともあります)

 

ということは、ディーラーとの交渉や契約はもう少し前から行う必要があります。

 

そう考えると、新年の初売りフェアに出向いて、購入する車種やボディカラーなど、検討を始めるのもいいと思います。

 

 

モデルチェンジ前も狙い時

 

モデルチェンジを発表している車は、値引き額も大きくなります。何年ぶりかのフルモデルチェンジの前となると、普段では出てこない値引き金額が期待できます。

 

でも、すぐに新型が登場して旧型になってしまう、次の車に乗り換える時に車の査定が低い、というデメリットもあります。

 

乗りつぶすつもりで買い替えるなら、お買い得なタイミングだと思います。新型より今の型の方が好きだ!という事もありますよね。

 

 

ちなみに税金面ではどうなの?

 

買い替える月によって、「税金を得したり損したり」することはあるのでしょうか?

 

これは、車の買い替えで自動車税はどうなるの?還付金は?の記事でも書いていますが、今の車を解体(スクラップ)せず、下取りや買取りに出す場合は、税金に関して損得はありません。

 

税金の有効残月が長くても、査定に反映されているのです。

 

ここでの注意点とすれば、納車のタイミングが4月にズレた場合、今の車の自動車税の納付書も送られてくるので、出来るだけ3月中に納車してもらえるスケジュールを組みましょう。

 

 

何月に買い替えるかも大切だけど、どこに売るかでもっと差がつく

 

何月に買い替えるのがお得なのか?をここまで書いてきましたが、実はそれ以上にもっと大切な事があります。

 

それは、今の車をどこに売るか?と言う事です。買い替えるディーラーに下取りに出される人がまだまだ多いですが、それはかなりもったいないです。

 

車の査定相場は一般には公開されていないので、ディーラーが提示する下取り金額が妥当なのかどうか?分からないですよね。

 

実際、「ディーラーの下取りよりも買取りの方が平均で17万円も高く売れた」、というデータがあります。

 

こんな感じです。
下取り査定

 

 

ですので、買い替えを検討されているのであれば、せめて愛車の買取り相場を把握しておくべきです。

 

最新の査定相場は、こちらのサイトで簡単に調べることができます。

 

かんたん車査定ガイド

 

また、同時に複数の業者から見積もりが取れますので、最高の金額で買取ってくれる業者と査定金額もわかります。

 

もちろん無料で簡単な1回の入力で済みますので、一度試してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

必見!車買い替えの3つのポイント
知ってるだけで20万円以上もお得!!
 

今乗っている車を最も高く売る!

下取りではなく、買取業者に最高値で売る! ⇒ 詳細記事

 

次に買う車を安く買う!

市場には出回らない新古車(未使用車)を賢く買う! ⇒詳細記事

 

任意保険を見直す!

任意保険を見直すとこんなにお得になりますよ! ⇒詳細記事

 

このエントリーをはてなブックマークに追加