車を買い替えたら自賠責保険はどうなるの?戻ってくるの?

車を買い替えたら自賠責保険はどうなるの?戻ってくるの?

自賠責保険

 

車を買い替えたら自賠責保険はどうなるの?

 

車を買い替えると、新しい車に対して自賠責保険がかかってきます。では、買い替えで手放す車に対して、既に支払っている自賠責保険料はどうなるのでしょうか?戻ってくるのでしょうか?

 

今回は車の買い替えと自賠責保険についてのお話です。

 

 

自賠責保険とは

 

既にご存知だと思いますが、改めて「自賠責保険とはどういったものか」について、ご説明します。

 

正式名称は「自動車損害賠償責任保険」といいます。少し長いので以降は、一般的な「自賠責保険」で表記しますね。

 

自賠責保険は、車を運転する時には、法律で加入が義務付けられている「強制保険」です。

 

自賠責保険の特徴は、

・強制保険なので無保険運転は違法

 

・自動車の運転で他人をケガさせたり、死亡させた場合に支払われる保険であって、物損事故は対象外

 

・被害者1名ごとに支払限度額が定められて、1つの事故で複数の被害者がいる場合でも、被害者の支払限度額が減らされることはない。

 

・加害者の加入している損害保険会社(もしくは組合)に、被害者が直接保険金(共済金)を請求することがでる。

 

・事故発生時に、被害者に重大な過失があった場合にのみ減額される。

 

強制保険なので未加入で運転すると、1年以下の懲役または50万円以下の罰金、 免許停止処分(違反点数6点) が科せられます。

 

自賠責保険証明書を車に携帯していないだけでも、30万円以下の罰金、となっています。

 

 

自賠責保険は、いつ支払うの?

 

新車購入時や、車検を通した時に支払います。自賠責保険に加入していなと、車検は通りません。

 

通常はディーラーなどが代行してくれますので、あまり自身で直接支払った、という方は少ないと思います。

 

自動車重量税と同じタイミングでセットのようなものです。

 

自賠責保険還付

 

車を買い替えたら自賠責保険は戻ってくるの?

 

このように自賠責保険は、新車登録時もしくは車検の時に支払います。では、車検が残っている時に、車を手放した場合、既に支払っている自賠責保険は戻ってくるのでしょうか?

 

答えは、「戻ってくる」場合もあれば「戻らない」場合もあります。ややこしいですね。

 

自賠責保険が戻ってくる場合
自賠責保険の有効期間が一か月以上あって、「廃車」になった証明書があれば、加入先の保険会社に解約申請した日から月割で算出され、返金されます。

 

自賠責保険が戻ってこない場合:車を下取りや買取りに出して、その車が廃車されずに、また再販される場合。

 

多くの場合はこちらのケースになるかと思います。車を買い替える場合、自賠責保険が還付されるケースは非常に稀です。

 

 

じゃあ、自賠責保険を2重に払うの?

 

新しく購入する車にも、自賠責保険は当然かかってきます。そうなると、手放す車と新しい車、両方の自賠責保険を支払う事になります。

 

ちょうど車検の切れるタイミングであれば問題ないですが、そうでない場合は、なんだか「損した」気分になりますよね。

 

でも実際は、自賠責の有効残期間は、査定金額にも反映されているはずです。

 

車検切れ間近の車よりも、車検期間が長く残っている車の方が査定が高いのは、この自賠責保険・重量税が先に支払われているからです。

 

ですので、車の査定時には、このあたりもアピールしましょう。そうすることで、「このお客さんは車に詳しいな」と思って、変な駆け引きを避けることができるかもしれません。

 

 

それよりも、もっと重要な事がある!

 

自賠責保険も気になりますが、実はもっと重要な事があります。それは、手放す車の査定金額です。

 

車の査定には、決まった金額はありません。先程の自賠責保険の有効期間も、「どこまで査定に反映するか」は、査定する側の自由なのです。

 

車の査定は相場を元に評価されますが、その相場は毎日変動しているので、我々ユーザーには、提示された査定金額が相場通りの妥当な金額かどうか?を判断することは難しいのです。

 

査定相場をを知らなければ、相場よりも安い金額を提示されても、「そんなものかな?」と、大きな金額を損してしまします。

 

実際にこのようなケースは非常に多くあります。

 

ですので車を買い替える場合、今の愛車の最新の査定相場は必ず把握しておきましょう。

 

最新の相場は、こちらのサイトで調べることができます。

 

かんたん車査定ガイド

 

簡単な入力で、すぐに愛車の最新の査定相場が分かります。また、同時に複数の車買取業者に見積もりを依頼できますので、最高額を提示してくれる業者と金額も分かりますよ。

 

 

関連記事:忘れちゃダメ!任意保険の車両入れ替え
関連記事:車の買い替え 下取りよりも買取が絶対お得!|車買い替えナビ