車庫証明の手続きって面倒なの?【車買い替えナビ】

車買い替え 車庫証明|車庫証明の手続きって面倒なの?

車庫にとめたレトロな車

 

車を購入する際や譲り受けた場合に必要となる「車庫証明書」。

 

普段は見かけることのない書類ですので、どんなものか知っている人は少ないと思います。ほとんどの方は、車を購入するディーラーや販売店に依頼しますので無理もありません。

 

通常、業者に車庫証明書の取得を依頼すれば、費用が発生します。自分で行えば費用は要りませんが、「どんな手続きが必要なの?」と分からないことも多いことでしょう。

 

今回は、「車庫証明書」についてのお話です。

今の愛車、いくらで売れる?調べておこう。

 

最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪

 

そもそも「車庫証明書」とは?

車庫証明書とは、車の保管場所を、条件を満たした場所に確保していることを証明する書面のことです。

 

正式には、「自動車保管場所証明書」と言います。

 

車庫証明書の交付を受けるには、保管場所(車庫)の住所を管轄する警察署に申請を行い、保管場所の確認を取ってもらう必要があります。経験談ですが、実際に自宅のガレージを計測しに来ました。

 

車庫証明書は、自動車を購入し登録を行う際や、車検証の住所変更を行う際に必要となります。

 

自動車の保管場所の確保等に関する法律(車庫法)第1条の条文中には、「自動車の保有者等に自動車の保管場所を確保し、道路を自動車の保管場所として使用しないよう義務づける」という規定があります。

 

次のように定められています。

何人も、道路上の場所を自動車の保管場所として使用してはならない。
自動車の保管場所の確保等に関する法律  第11条

 

自動車の保有者は、道路上の場所以外の場所において、自動車の保管場所を確保しなければならない。
第3条

 

要するに、自動車を所有するには「保管場所」を確保しなさい、ということです。(軽自動車は必要のない地域もあります。)

 

当然といえば当然の法律です。みんなが路上に駐車することが可能であれば、交通渋滞や緊急車両の邪魔になってしまいます。

 

車庫証明代行費用っていくら?

 

実際に業者に車庫証明の取得手続きを代行してもう場合は、大体12,000円〜20,000円位かかります。「車庫証明手続代行」という名目になっていると思います。

 

これだけの金額がかかる手続きなので、「さぞかし大変だろう」と思われるかもしれませんが実際はどうなんでしょうか?

 

手続きや書類作成は、それほど難しくありませんが、警察署に最低2度出向く必要があります。しかも平日の昼間です。

 

書類作成の手間や、警察署に出向く手間などと、代行手数料料との兼ね合いで考えてる必要があります。

 

車庫証明の手続きって面倒なの?

車庫証明を自分でとるには?

では、実際に自分で車庫証明を取るにはどのような手続きが必要なのでしょうか?

 

車庫証明書の「車庫」とは、以下の条件を満たしている必要があります。

・駐車場、車庫、空き地等道路以外の場所であること。
・使用の本拠の位置から2キロメートルを超えないこと。
・自動車が通行できる道路から、支障なく出入させ、かつ、自動車の全体を収容できること。
・自動車の保有車が保管場所として使用できる権利を有していること。

これを踏まえて、大まかな手順は、

 

1.車庫の住所を管轄する警察署(交番ではありません)に行って、車庫証明の申請書をもらう。(パソコンでダウンロードできる都道府県もあります)

 

2.必要書類に記入する。

 

必要な書類は

・自動車保管場所証明申請書 (4枚複写)
・保管場所の所在図・配置図
・保管場所使用権疎明書面(自認書)
   以上はネットなどで調べれば自分で書くことは可能です。
・保管場所使用承諾証明書

 

この保管場所使用承諾証明書が、車庫証明を取るのに厄介な書類です。

 

と言うのも車庫にする場所の土地や建物が自分のものでない(駐車場を借りる)場合は、所有者または管理者の承諾が必要になります。

 

そうです、大家さんか仲介不動産業者に直接出向いて署名捺印をしてもらわなくてはなりません。

 

手間もかかりますし、タダではやってくれない場合も多いです。ガレージ代1カ月分の半額、というケースもあるようです。

 

3.記入した書類を警察署にもって行きOKであれば約2500円〜2800円(地域によって多少のバラつきがある)の印紙を購入して、提出する。

 

4.警察署に車庫証明を取りに行く
 (大体4日後。認印が必要。)

 

以上が、車庫証明を取るための大まかな流れです。youtubeに社労士さんが作った動画がありましたので、のせておきます。

 

 

書類の作成自体は難しくありませんが、平日の昼間に警察署に2回行く必要があるのと、ガレージを借りる場合は大家さんか不動産業に直接出向いて印鑑をもらう事が、少し手間といえるでしょうか。

 

金額的には、代行費用を17000円とした場合、警察署の印紙代2600円、不動産業者に払う金額3000円(仮定)17000-2600-3000=11400円の節約が可能!という事になります。

 

手間と費用との兼ね合いで考えるべきできでしょうね。

 

色鉛筆で書いた「車庫証明どうする?」の文字

 

車の買い替えを考えだしたら、必ず「すべきこと」がある

 

必ずすべきこと、それは愛車の最新の査定相場を把握する、と言う事です。

 

車の査定には、決まった金額はありません。いわば、査定する側の「言い値」です。

 

ですので、1社だけの査定であれば、その金額が妥当かどうかの判断ができないのです。どこで査定を受けるかによって、金額はこんなにも変わってきます。

 

査定金額

 

ですので、車の買い替えをお考えでしたら、まずは今の愛車の査定相場を正しく知ることが重要です。

 

販売店で下取りの査定額を提示された時、その金額が妥当かどうかの判断の基準にもなります。査定相場を知らないまま愛車を手放すと、かなりの金額をソンしてしまいますよ。

 

こちらのサイトで、まずは愛車の査定相場を調べてみてください。簡単な入力で、すぐに愛車の査定相場が分かります。

 

かんたん車査定ガイド

 

また、同時に複数の買取業者からの見積りも取れますので、最高額で買ってくれる業者と金額も分かりますよ。

 

 

おすすめの記事:
車の買い替え 下取りよりも買取が絶対お得!
カーローン金利相場|低金利のローンを選ぶべし!
自動車保険、任意保険を見直してみる