車検費用|気になる車検費用、内訳や平均は?【車買い替えナビ】

車検費用|気になる車検費用、内訳や平均は?

車検費用 内訳

 

気になる車検費用、内訳や平均は?

 

車検とは
車検とは、正式には「自動車検査登録制度」と言う名称で、検査によって法律で決められた保安基準に的適合している車かどうかを判断します。人間で例えるなら、健康診断のようなものですね。

 

車検は、法律で車を道路を走る車は新車で3年、その後は2年ごとに受けることが義務付けられています。もしも、車検を受けていない車が公道を走れば、道路運送車両法違反(無車検運行)と自動車損害賠償保障法違反(無保険運行)となり、いずれも厳しい罰則が科せられます。

 

車検費用の内訳
車検費用は大きく「法定費用」と「点検・整備費用」に分かれます。

【法定費用】

 

・自陪責保険料
自賠責保険は、任意保険とは違って強制的に加入する保険で、「強制保険」とも呼ばれ、車を運転するには、法律で加入することが義務付けられている保険です。

 

・自動車重量税
自動車重量税は、自動車の区分や重量に応じて課税される国税です。車両重量0.5トン毎に税額が増えてゆきます。

 

・印紙代
上記3点は、ディーラーであろうと民間の整備工場であろうと、どこで車検を受けても金額は変わりません。

【点検・整備費用】

 

金額が変わらない法定費用に対して、点検・整備費用は車検を行う業者によって異なります。

 

車検基本料金にそれぞれ違いがあるため、車検費用が異なってきます。法定24ヶ月点検整備・検査代・代行手数料などが含まます。

 

車検を通すために交換が必要な部品があった場合は、その部品代や工賃が加算され、次回の車検までに交換が必要であろう部品の交換を進める業者もいます。

 

車の年式や走行距離によっても交換が必要な部品は異なりますので、金額も変わってきます。

 

車検費用の平均額、相場って?

法定費用の相場
先にも述べましたが、法定費用はどこで車検を受けても変わりません。

 

軽自動車:36,270円
小型乗用車(〜1.0t):45,940円
中型乗用車(〜1.5t):54,240円
中型乗用車(〜2.0t):62,440円
大型乗用車(〜2.5t):70,640円

点検・整備費用の平均相場
一方、点検・整備費用はどこで車検を受けるかによって金額は変わってきます。下記は概算の目安です。

 

ディーラー:40,000円〜100,000円
車検専門フランチャイズ店:25,000円〜80,000円
民間整備工場:25,000円〜80,000円
カー用品店:20,000円〜60,000円
ガソリンスタンド:20,000円〜60,000円
ユーザー車検:0円

 

車検を通すために部品交換が必要な場合は、部品代や作業工賃など別途費用がかかってきます。

 

車検はその時の車の状況が「車検に通るかどうか」の判断であって、次の車検までの保証をするものではありません。極端なことを言えば、車検を受けた翌週に車が故障することも、あり得るわけです。

 

そういった意味でも、ディーラーの車検はこの中でも一番高額になります。ディーラーは次の車検までに交換が必要であろう部品の交換も勧めます。

 

交換部品は当然新品です。次の車検まで安心して乗れるよう、「予防」も含めた整備をするからです。ディーラーでの車検はこのように高額になりがちなので、担当者に「どういった理由で交換が必要か?」をよく確認しましょう。

 

「まだ交換の必要はないんじゃないの?」と言うと、「じゃあ次回にしますか。」なんてやり取りをした記憶もあります。普段、車のメンテナンスを自分でしていない方はディーラーに任せた方が無難、という意見が多いですね。

 

安心と車検費用とのバランスで考えてみると良いと思います。
車検で迷ったら・・・

 

 

車検費用が気になりだしたら、しておくべきことがある

 

車検費用が気になる、と言う事は「そろそろ、車買い替えたいな〜」と思っている方も多いのではないでしょうか。

 

そんな時、愛車の査定価格は気になりますよね。今の車がいくらで売れるかが分かれば、車検費用との兼ね合いで、車を買い替える提案を、ご家族にも出来るかも知れません。

 

ですので、車検費用が気になりだしたら、愛車の最新の査定相場をは調べてみましょう。

 

こちらのサイトを使えば、簡単な入力後、すぐに愛車の査定相場が分かります。

 

かんたん車査定ガイド

 

同時に複数の車買取業者に見積もりを依頼できますので、最高額で買ってくれる業者と金額も分かります。思わぬ高値がつく事もありますよ。