車の買い替えに必要な書類|車買い替えナビ

車の買い替えに必要な書類

車の模型と買い換えに必要な書類

 

車を買い替えるときには、色々な書類が必要になります。

 

ほとんどの場合は、ディーラーや車の買取業者が必要な物は指示してくれますし、手続き自体は業者が代行してくれます。

 

でも、中には自分で用意する必要のある書類もありますので、買い替え前に把握しておきましょう。

 

「車の買い替えに必要な書類」についてまとめてみました。

今の愛車、いくらで売れる?調べておこう!
最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪

「車を手放す」下取りや売却に必要な書類

普通車の場合

 

自動車検査証
いわゆる「車検証」と呼ばれているものです。車検が切れていない限り発行されているはずですので、お手元にあるはずです。

 

ほとんどの方は、車のダッシュボードで保管していますよね。

 

車検証は車に携帯しておくよう、道路運送車両法という法律により義務付けられています。(違反や事故の際、警察に提示を求められます)

(自動車検査証の備付け等)

 

自動車は、自動車検査証を備え付け、かつ、国土交通省令で定めるところにより検査標章を表示しなければ、運行の用に供してはならない。

 

道路運送車両法第66条第1項

 

万が一、車にとって重要な書類である「車検証」を紛失した又はき損した場合は、管轄の運輸支局で再発行の手続きが可能です。

 

自動車損害賠償責任保険証
自動車損害賠償責任保険は、自動車(軽自動車・バイク、原付も含む)を所持するものは必ず加入しなければならない保険のことです。

 

自賠責保険は自動車の任意保険とは異なり、対人のみを対象とした強制加入の保険です。自賠責保険に加入しないと車検証は発行されませんので、車検証と一緒に保管されているはずです。

 

こちらも車検証と同様に、運行の際に携帯が義務づけられています。

 

自賠責保険の払い込みは、通常車検代行業者に委託しますので、あまり手に取ってみたことが無い方も少なくありません。

 

大体は、車検証など重要な書類と一緒にバインダーに入れて保管していると思います。

 

自動車損害賠償責任保険証明書を紛失した場合は、加入した保険会社または代理店に以来すれば再発行の手続きが行えます。

 

ただし、再発行には1週間から10日ほどかかるので、紛失に気づいたら早めに手配しましょう。

 

自動車税納税証明書
自動車税納税証明書は、所有する自動車の税金がが正しくおさめられていることを証明する書類です。

 

4月1日時点での車の所有者に対して課税されます。これは車検が切れて、車庫で保管しているだけでもナンバーがついている限りかかってきます。

 

毎年5月上旬に管轄の自動車税事務所や都税総合事務センターから、自動車税納税通知書、納付書と一緒に送られてきます。

 

納付書をもとに支払いを行うと、受領印が押され、納付証明書となります。

 

小さな紙ですので、レシートと間違って捨ててしまう人も多い書類です。納付したらすぐに車検証と一緒に入れて保管しておきましょう。

 

譲渡証明書
自動車の名義変更に必要な書類です。決まったフォーマットがありますが、ほとんど業者が用意してくれます。押印は「実印」を使います。
委任状
業者に手続きを代行してもらう場合に必要です。指定の代理人に権限を委任することによって、色々な申請を行えるようにする書類です。こちらも、押印は「実印」を使います。

 

印鑑証明書
押印した印鑑が、市区町村に登録された実印であることを証明する書類とです。

 

3カ月以内に発行された印鑑証明書が必要となります。

 

その他に必要なもの
・住民票(車検証に記載された所有者の住所と印鑑証明書の住所が違う場合に必要となります。引っ越しをして、車検証に反映していない場合などです。

 

・リサイクル券
もし失くしてしまったした場合は、自動車リサイクルシステムホームページにて「自動車リサイクル料金の預託状況」をプリントアウトすると代替として使うことができます。

 

下取り・買取に必要な書類(軽自動車)

 

・自動車検査証
・自賠責保険証明書
・軽自動車納税証明書
・印鑑(認印可)
・リサイクル券
・自動車検査証記入申請書(書類はお店が作成してくれます)

 

軽自動車の場合は、印鑑証明と実印は必要ありません。

 

車の購入に必要な書類

普通車の場合

自動車保管場所証明書(車庫証明)
きちんと駐車場を確保しています、という事を証明するための書類です。

 

車庫証明は、お住まいの管轄の警察署で

・自動車保管場所証明申請書・保管場所の所在図およ配置図
・保管場所使用承諾書(賃貸借契約書のコピーや自認書でOKな場合もあります)

を提出することで取得できます。詳しくは、車庫証明の手続きって面倒なの?

 

大体は購入先の販売店が代行しますが、手数料として15,000円〜20,000円かかります。
自分でやれば3千円ほどでできますが、平日に2度、警察署に出向く必要があります。

 

印鑑証明書
発行後3ヶ月以内のものが1通必要です。

 

委任状
業者に手続きを代行してもらう場合に必要です。

 

軽自動車の購入に必要な書類

・住民票
・車庫証明(地域によっては要らないケースもある)
・委任状

 

以上が、車の買い替えに必要な書類です。ほとんどは、ディーラーや買取業者を指示してくれますので、あまり心配する必要はありません。

 

買い替えのケースで忘れてはいけない手続き

 

必要な書類に関しては、ほとんどお店で用意や指示をもらえますので、あまり心配する必要はありません。

 

ただ、自動車保険(任意保険)に関しては自分で手続きを行う必要があるので、新しい車の納車日が決まったら、至急手続きをしておきましょう。

 

必要な保険の手続きは車買い替え自動車保険|忘れちゃダメ!任意保険の車両入れ替え

 

車の買い替えを考えだしたら、必ずしておくことがある

色鉛筆で書いた「車の買い替えを考えだしたら」の文字

 

車の買い替えを考えだしたら、知っておくべきことがあります。それは、愛車の最新の査定価格を知ると言う事です。

 

ディーラーに下取りに出す場合は特にですが、事前に査定相場を知っておかないと、相場よりもかなり安い金額で引き取られる事も少なくありません。

 

こんな感じです。
下取り査定

 

ディーラーは車を売ることが本業で、下取りに関しては言わば「付帯業務」なのです。

 

買取り専門店に売る場合でも、1社から提示された買取り金額が相場より安いのか、高いのかは、相場を事前に知っていないと判断できませんよね。

 

買い取り専門店同士でも、査定金額にはかなりバラツキがあります。

 

ですので、1社だけではなく複数の買い取り専門店から見積もりをもらうべきです。

 

でも、何件も回って査定をしてもらうのも大変ですよね。休日が何日もつぶれてしまいます。

 

こちらのサービスを使えば、1度の簡単な入力で複数の買い取り専門店に見積もりを依頼できます。

 

かんたん車査定ガイド

 

入力後、すぐに愛車の査定相場も教えてくれます。

 

事前に愛車の相場を知っていれば、「安く買いたたかれること」を防げます。

 

無料で使えますので、是非一度試してみてください。

 

まとめ

・車の買い替えに必要な書類は、ほとんど業者が指示・代行してくれる

 

・車庫証明は自分で取ると代行費用は節約できるが、手間がかかる

 

・自動保険の切り替え手続きは、自分で行う必要がある

 

・手放す車の査定相場を知っておかないと、安く買いたたかれてしまう

 

【2019年3月1日 追記】

 

このエントリーをはてなブックマークに追加