下取り査定料とは?車の下取り諸費用って必要なの?

車の下取り査定料とは?下取りに諸費用って必要なの?

車下取り査定料

 

車の買い替えで、ディーラーから新車の見積もりをもらうと、車の下取りがある場合、下取り査定料」や「下取り諸費用」といった名目で、費用が計上されます。

 

一体、どのような費用なのでしょうか?サービスしてもらえないものでしょうか?気になりますよね。

 

今回は、内容や相場について考えてみました。

 

 

下取り査定料

 

その名の通り、下取りをする車の査定を行うための費用です。ディーラーの査定は、中古自動車査定士が行いますので、その人件費と言うことなのでしょう。

 

本来、買取る側がその車を値踏みするための査定なので、売る側に請求するのは、おかしなことだと思います。下取りをする車の査定金額から引かれる形になりますので、実際に「お金を払う」という感覚が薄くなっているので、注意しておきたい項目です。

 

車買取専門店では一切かからない費用です。やはり、ディーラーは「車を下取りしてあげる」という考えなのでしょうか。

 

ディーラーの下取り査定料の相場は、6千円〜1万円位です。最近では、見積もりに計上しないお店も増えてはきましたが、まだまだこの変な習慣は残っているところが多いですね。

 

営業マンに交渉してみると、カットしてくれるケースもありますよ。

 

 

下取り諸費用(手数料)

 

またまた、訳の分からない費用です。主には、下取りした車の「名義変更などにかかる費用」と言うことです。

 

さすがに、スクラップにして廃車する必要がある場合は費用はかかるでしょうが、また中古車として販売する場合は、単なる名義変更手続きです。

 

相場は、5千円〜1万5千円ほどでしょうか。

 

これも、内容によっては値引きしてもらえる可能性はあります。営業マンに交渉しましょう。

 

 

下取りに出す前に、しておくべきこと

 

車の買い替えで、購入するディーラーに、それまで乗っていた愛車を下取りに出すケースは、まだまだ多いようです。

 

窓口も一つで済みますし、必要な手続きも全てやってくれます。納車と引き取りも同時なので、代車の心配も要りませんので楽ですよね。

 

でも、そのままディーラーに下取りに出してしますと、結構な金額を損してしまいます。

 

車の買い替えの場合、新しく買う車の値引きやサービス品に目が行ってしまいがちです。違う店の方が3万円安い、とかフロアマットをサービスしてくれた、など値引きやサービス品で他店と競わせますよね。

 

でも、それ以上に金額の差が出るのが、愛車の査定金額なのです。

 

ですので、購入する車の見積もりには、「下取りあり」と「下取りなし」の見積もりをもらいましょう。

 

そうすれば、純粋な値引きが分かります。

 

下取りがあると、その査定を低くして、その分値引き金額を大きく見せるディーラーも少なくありません。

 

車の査定金額は、新車の車両価格と違って、決まった価格はありません。査定する側の「言い値」であるのです。

 

ディーラーが提示する下取り査定は通常、相場よりも安い事がほとんどです。

 

ですので、下取り査定の金額が妥当なのか?を判断するために、愛車の査定相場は必ず把握しておきましょう。

 

ネットに載っている相場は、過去のデータなので、あまりあてにはできません。

 

こちらのサイトであれば、最新の査定相場が分かります。簡単な入力後、すぐに査定相場を教えてくれます。

 

かんたん車査定ガイド

 

同時に複数の買取業者に見積もりが依頼できますので、最高額で買ってくれる業者と金額も分かります。

 

ディーラーの下取り査定額と、買取業者の査定額を比べて、どちらが査定が高いのか?を判断すべきです。

 

「新車は最大限の値引きをしてもらい、それまで乗っていた愛車は最高額で売却する」これがベストな方法です。

 

 

関連記事:車の「下取り」と「買取り」では相場が異なる?