なぜ同じ車なのに査定金額に差がつくの?【車買い替えナビ】

なぜ同じ車なのに査定金額に差がつくの?

査定額の違い

 

なぜ同じ車なのに査定金額に差がつくの?

 

新車であれば、標準価格が決まっていて、そこからいくら値引きをしてくれるか?で購入するお店を決めることができます。

 

でも、車を手放す際、愛車を査定に出すわけですが、この査定金額はお店によってかなり差が出ます。確かに中古車には定価がないのは分かりますが、なぜこんなに差が出るのでしょうか?

 

このカラクリを知っていないと結構な金額をソンしてしまいます。

 

 

車の査定相場ってあるの?

 

中古車を査定する人たちは、何を根拠に金額を算出しているのでしょうか?何も根拠がないハズはありません。

 

実際には、社内で保有するデータをもとに、査定表を作成して金額を計算します。このデータは大体、中古車のオークションの取引価格を基に作成されています。

 

中古車のオークションは毎日、全国のどこかで開催されています。つまり、車の査定相場は毎日変動しているのです。

 

このオークションデータを、「どれだけの頻度で社内の査定表に更新しているか」で、そのお店の査定相場の「鮮度」が決まります。

 

実際は、車の価値は日々下がってゆきます。月日が経てば経つほど、査定金額は低くなるのです。

 

先程のオークションデータを3か月に1度しか更新できないお店は、3ヶ月後の下がった査定金額を見越して、社内の査定表を作ります。

 

つまり、「リスクを見越した低い査定表」をもとに、ユーザーの車を査定するのです。

 

余談ですが、ディーラーは新車を売ることが本業ですので、この査定表の更新頻度も低く、どうしても下取りの査定額は、買取専門店に比べて安くなる傾向にあります。

 

一方、車買取専門店は「車の買取=仕入」ですので、オークションデータにも敏感で、ほぼリアルタイムと言っていい位のデータをもっています。

 

ですので、最新の査定相場が反映されるので、査定金額もディーラーに比べると高くなります。

 

 

お店によって得意分野が異なる!?

 

ディーラーは新車の販売が本業で、買取専門店は車を買い取って再販することが本業です。ですので、車の買取は、買取専門店の方が得意です。

 

一言で買取専門店、といっても実は様々なお店があります。

・軽自動車を専門に扱っている
・外車を専門に扱っている。
・1BOX、ミニバンを中心に扱っている
・ドレスアップカー専門店
・海外に輸出することをメインとしている

など、得意分野がそれぞれあるのです。

 

例えば、10万キロ以上走行している車は、普通にディーラーに下取り査定を受けても、ほとんど金額はつきません。

 

でも、海外に輸出ルートをもっている業者であれば、喜んで査定金額をつけて買取ります。海外では10万キロなんて、大した距離でもないですし、日本車は信頼できるブランドとして、喜ばれるのです。

 

また、軽自動車を中心に扱っているお店は、当然軽自動車の最新の相場を把握し、売れ筋にも敏感です。

 

すでにユーザーから「こんな車を探してほしい」という情報をもっているかも知れません。そんな時は、他と競ってでも高値を付けてきます。

 

 

高く売るなら、愛車を欲しがっている業者を見つける事

 

ここまでのお話しで、お分かり頂けたと思いますが、愛車を高く売るには、「その車、是非当店に売って欲しいです!」というお店を見つける事です。

 

でも、実際に買取専門店を自分で回ってみて、反応を見てみる、というのも大変です。時間もかかりますし、労力も相当なものです。

 

そこで、車一括査定サービスを使ってみましょう。1度の入力で、複数の買取専門店に見積もりを依頼できます。

 

かんたん車査定ガイド

 

あなたの愛車を「欲しい!」と思ったお店が手を上げてくれます。同時に愛車の最新の査定相場も分かりますよ。