車の買い替え 下取りよりも買取が絶対お得!

愛車の「下取り」と「買取り」の違いは?

下取りと買い替え

 

車の「下取り」と「買い取り」の違いとは?

 

「下取り」
今の愛車を、新しく車を購入する販売店で引き取ってもらう方法です。

 

引き取られた車の査定金額を、購入する新しい車の代金の一部にあてる事をさします。これは昔から最も一般的な方法で、多くの方が利用しています。

 

実際に、筆者も車の買い替えは、3回目位まではディーラーに下取に出していました。

 

新車購入の際には、新車の値引き金額やサービス品に目がいって、あまり古い車の下取り価格には注目していなかった記憶があります。これ、大失敗でした。

 

思ったよりも査定金額が低く、「こんなもの?」と聞いてみても、「社内の査定表を元に実車を見ると、これが妥当金額です。」といった感じでした。

 

「買取り」
車の買取専門業者や販売店に、次の車の購入とは全く関係なく、愛車の売却だけを行うことです。

 

世間には車の買取専門業者、というものが存在します。その買取専門業者に、愛車を売って現金に換える事を「買取」といいます。

 

そのお金を新しい車の購入資金に充てることで、車を下取りに出したのと結果的には同じ事になります。

下取りのメリットとデメリット

下取りのメリット

 

正直、あまり金額面でのメリットはありません。しいて言えば、新たに購入する車の値引きできない部分を、下取り額で多少なりとも補填してくれることがあります。(すごく稀ですが)

 

お金の面よりも、今の愛車のETCやナビなどの付け替えを、気軽に依頼出来ることは手間が省けていいと思います。

 

また、納車と同時に車を引きとってくれるので、代車などを心配する必要がありません。何といっても一つの販売店で済みますからね。

 

下取りのデメリット

 

愛車をディーラーなどの販売店に下取ってもらう場合、通常は各販売会社が社内資料として使っている「下取り基本価格表」的なものを参考にします。

 

そこから車両の傷や内装の汚れなどのダメージを査定の上、下取り価格を計算します。

 

問題はこの価格表です。

 

下取り査定価格は、定期的に更新はされますが、中古車の査定額の基となる業者間のオークション相場と連動していないケースが多々あります。

 

中古車のオークションは、ほぼ毎日、全国のどこかの会場で開催されています。したがって、相場は毎日変動しているのです。

 

ディーラーは新車を販売することがメインですので、下取りする車にはあまり興味がありません。

 

ですので、毎日相場をチェックするなんてことは行わず、数か月先でも再販できるであろう価格⇒低い査定額で社内の査定表を作っています。

 

要は査定表の”鮮度”が古いわけです。そして、車種の人気やオプション装備も下取り価格のアップに反映されることは、あまり期待できません。

 

基本的にはディーラーは新車や自社が保有する中古車を「売る」事を最大の目的としているため、下取りの車にはあまり興味がないので、下取り価格で他店競うことは、「まずありません。」

買取のメリットとデメリット

買取のメリット

 

買取のメリットは何と言っても「下取り」よりも高い金額で買い取ってくれること。そして、なにより買取業者は、査定金額で「他店と競争をする!」という事です。

 

どういうことかと言うと、車買取専門店は、車を買い取らないと商売が始まりません。「車の買い取り=仕入れ」なのです。

 

買取専門店には、それぞれ特徴があります。例えば、軽自動車専門店、4駆専門店、1BOXカー専門店、ドレスアップカー専門店などです。

 

また、ディーラーでは査定をつけないような年式が古い車や、走行距離の多い車であっても、海外に輸出を行うお店などは積極的に買い取ります。

 

日本車は信頼できるブランドとしてとても人気があります。海外では走行距離10万キロなんて、まだまだこれからの車です。

 

それぞれ、自社で「欲しい!」と思った車は、他社にとられたくないので、競ってでも積極的に高い査定をつけてきます。

 

愛車を一番高く売る方法は、競い合った業者から「1番高い査定を出した業者」に決めればいいのです。

 

車買い替え

 

 

買取のデメリット

 

先にも書きましたが、買取専門店の査定価格は、中古車のオークション相場の変動に敏感なため、売却時期をはっきりと伝えないと、査定価格が低めになるケースがあります。(ディーラーより安くなることは、ほぼありませんが)

 

逆に、売却時期が目前で明確であれば、業者が「ほしい」と思えば思わぬ高値が付くことも多くあります。

 

また、今の乗っている車のETCやナビを新しい車でも使おうとした場合は、自分で取り外しをする必要があります。(オートバックスや町の自動車整備工場に頼めば、少しお金はかかりますが、簡単にやってくれます。)

やっぱり「買取り」が断然お得!

以上を総合的に判断して、やはり「買取り」が断然お得だと思います。ディーラーの下取りよりも、平均で16万円以上も高く売れます。

 

また、買い取り専門店によっても査定金額には差があります。

 

ですので、複数の買い取り専門店に見積もりを取って、一番高いお店を選ぶべきです。

でも、一番高く買ってくれる買取業者はどうやって探すの?

では、実際に一番高く買ってくれるお店を探すには、どうすれば良いのでしょうか。

 

1件1件、お店を回って査定してもらうのも大変です。時間もかかるし、労力もかかります。

 

 

こちらのサービスを使えば、簡単に探すことができます。

 

かんたん車査定ガイド

 

たった1回の入力で、最大10社から愛車の見積もりを取ることができます。

 

入力後、すぐに愛車の最新の査定相場も教えてくれますので。大変便利です。(当然無料です)

 

一番高い査定額を提示した業者決めるも良し、その価格を新車ディーラーにぶつけるも良し。

 

いずれにしても、愛車の正しい査定相場を知っておくことは大変重要です!

 

 

入力後1秒で愛車の相場がわかります。

 

かんたん車査定ガイド

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加