自賠責保険が2017年4月から値下げ。差額は戻るの?

自賠責保険が2017年4月から値下げ。差額は戻るの?

自賠責保険

 

自賠責保険とは、正式には自動車損害賠償責任保険と言います。

 

2017年4月から、この自賠責保険料は平均で6.9%の引き下げとなりました。

 

 

2017年4月1日以降契約始期の車の自賠責保険料

車種/保険期間 12ヶ月 24ヶ月 36ヶ月
自家用乗用自動車 15,520円 25,830円 35,950円
軽自動車 15,130円 25,070円 34,820円

 

 

なぜ自賠責保険は値下げされたの?

 

近年の自動車の安全性能の進歩(自動ブレーキなど)により、保険金を支払うような事故が減ってきたからです。

 

自賠責保険は、被害者保護を目的とした強制保険ですので、これで利益が出たり、赤字にならないように算出されるのです。

 

自賠責保険の収支は、2014年、2015年度がそれぞれ数百億円の黒字で、2016年度も黒字の見通しとなり、値下げすることになりました。

 

今回は値下げでしたが、近年では平成25年に11.7%、、平成23年には13.5%値上げが行われています。

 

そう考えると、値上げのほうが大きいですよね。

 

 

自賠責保険とは?

 

すでにご存じの方も多いでしょうが、簡単にご説明いたします。

 

自賠責保険は、車を運行するうえで、加入が法律で義務付けられている「強制保険」です。

 

もしも、未加入で運転した場合には、

・1年以下の懲役または50万円以下の罰金
・免許停止処分(違反点数6点)

の罰則があります。

 

支払いのタイミングは、

・新車購入時
・車検の時

となっていて、次の車検の有効期間までの金額を前払いします。

 

主な補償範囲は、

死亡による損害:最高3,000万円
後遺障害による損害:最高4,000万円
傷害による損害:最高120万円

となっており、補償される範囲は対人事故の賠償損害のみです。

 

これでは、万が一の事故に際には足りませんので、自動車保険(任意保険)に加入される方がほとんどです。

 

 

自賠責保険の差額は返金してくれるの?

 

自賠責保険が値下げされたのであれば、前払いした自賠責保険の差額は戻ってくるのでしょうか?

 

残念ながら答えは、「NO」です。

 

自賠責保険は、保険始期(保険契約開始時)を基準に考えられます。そのため、契約後に改定があっても、満期を迎えるまで改定の影響は受けないのです。

 

今回が値上げであっても、その差額は請求されないのと同じです。

 

 

車を買い替えたら自賠責保険は戻ってくるの?

 

では、車をその期間中に買い替えた場合、差額ではなく自賠責保険の月割金額は戻ってくるのでしょうか?

 

次に買う車の分も払うわけですから、戻ってきてほしいですよね。

 

こちらも残念ながら、廃車にしない場合は戻ってきません。

 

下取りや買取で査定金額がついて引き取られる場合は、廃車ではなく再販するための名義変更ですので、自賠責保険は戻らないのです。

 

詳しくは、こちらの記事をご確認下さい。車を買い替えたら自賠責保険はどうなるの?戻ってくるの?

 

関連ページ

ホンダフリード