トヨタ派でしたが、マツダのアクセラに買い替えました。

トヨタ派でしたが、マツダのアクセラに買い替えました。

私は2016年の夏季、9月から乗っている愛車のアクセラがあります。アクセラスポーツ、そしてアクセラセダンとあるのですが、私は迷わずセダンタイプをチョイス。マイナーチェンジの時期で、少し(1ヶ月)待ちましたがそれも許容範囲。

 

元来、トヨタにずっと乗っていました。やはり、世界のトヨタと言われるだけあって、安全性能が高い。

 

しかし、私が平素感じていたのは、そのような安全面の意識だけだったんですね。

 

買い替えでお別れを告げたのは、2012年式のカローラアクシオ、走行距離は43,000kmでしたね。

 

現在、タバコを吸うのを止めて、完全に禁煙になっている私。

 

アクシオを乗っている当時は喫煙していました。そのため、シートに焼け跡のようなものがポツポツと。そのため、査定は相場よりもやはり下がった形に。

 

私が車を買い替えたいと思うのは、10万kmに差し掛かる頃で、まだまだ10万kmまで程遠かったのですが、それでも買ってしまいました。

 

安全性でトヨタは評価していたのですが、それをも吹き飛ばす抜群のデザイン、マツダのアクセラ。妥協した点としては、シートがレザーのタイプでハイブリッドタイプのセダンはチョイスしなかったこと。

 

それでも、通常のアクセラでも十分な満足度です。やはり、シャープなデザインが特徴で、そこまで大型セダンに比べると大きくなく、丁度いいサイズなんですね。
意外とセダンにしては、小回りまできくために細い道でも楽に走行する事ができます。

 

ワンポイントとしては格好良すぎだと、愛でたくなるほどのポイントがフロント、ナンバープレートの部分にあります。

 

名称はエンブレムというのか、はたまたシルバープレートとでもいうのでしょうけど、これがまたカーブを描く曲線デザインで秀逸。

 

そこのデザインが気に入ったという方は、結構な数でいらっしゃるんじゃないかと思っていますね。

 

カラーバリエーションも豊富で、私はチタニウムフラッシュマイカという、ガンメタ風の色合いのカラーでした。街中でよく見るタイプは白と黒ですが、赤やグレー、ディープブルータイプのものをはじめ、本当に豊富なラインナップです。

 

費用は車体だけならば、新車で200万を切ることまでできます。これは、通常のメーカーの価格ではだいたい200万から300万円は軽くしますよね。

 

それが、比較的新車セダンにしてみればリーズナブルな価格帯、これも求めやすいという点から見ても評価大の部分でした。

 

次もマツダで買ってしまうのかなと、アクセラの虜になっている私でした。

 

車の買い替えを考えだしたら、愛車の査定相場は必ず把握しておきましょう。そうしないと、買い替えの予算も立てれないですし、相場より安く査定されても気付きませんよ。

 

愛車の最新の査定相場を調べる方法

 

必見!車買い替えの3つのポイント|知ってるだけで20万円以上もお得!!  

今乗っている車を最も高く売る!

下取りではなく、買取業者に最高値で売る! ⇒ 詳細記事

 

次に買う車を安く買う!

市場には出回らない新古車(未使用車)を賢く買う! ⇒詳細記事

 

任意保険を見直す!

任意保険を見直すとこんなにお得になりますよ! ⇒詳細記事

 

関連ページ

燃費と維持費を考えて車を買い換えました
40代男性からの車の買い替えの体験談です。やっぱり車の維持費は気になりますよね。
ミニバンをネットを利用して買い替えました|車買い替え体験談2
30代男性の車買い替え体験談です。ネットを使って愛車が高く売れたようで良かったですね。
適材適車、車にはそれぞれの良さがある
ハスラーの四駆に買い替えました
スポーツカーからファミリーカーへ
普通車(ラクティス)から軽自動車(タントカスタム)に替えた感想
バモスホビオからフリードに乗り換えました。|車買い替えナビ
3回目の車検と家族が増えたので買い替えました。
結婚をきっかけにラパンに買い替えました。
初めての軽自動車「スズキのラパン」 
ハリアーを乗り継ぐという選択
ランニングコストを考えて軽自動車に買い替えました。
消費税が8%に増税される前に買い替えました。
二人目出産でデリカD:2に買い替えました
車を買い替えるのは、やっぱり「飽きた」から
出産をきっかけにタントに乗り換えました。
維持費を考えて軽自動車のミラに乗り換えて正解でした。|体験談
ホンダのザッツに買い替えて維持費が安くなり感動しました。
車を買い替えたタイミングの理由は子どもの成長
子供が生まれるのがきっかけで、ヴァンガードに乗り換えました。