決算セールで車を買うのは得なの?【車買い替えナビ】

決算セールで車を買うのは得なの?

決算セール

 

自動車の決算セールっていつ?

 

車の購入のタイミングとして、「決算セール」は狙い目だといわれますが、そもそも決算セールっていつなのでしょうか?

 

ディーラーや販売店によって、会社ごとの決算時期は異なりますが、多くの会社は3月が決算です。

 

決算には「本決算」と「半期決算」があります。本決算は年度の最終月である3月、半期決算は9月、というのが大半です。

 

ですので、このタイミングで決算セールを行われるのです。

 

 

なぜ決算セールはお買い得なの?

 

では、なぜ決算セールは値引きが大きくて「お買い得」だといわれるのでしょうか?

 

その理由は2つあります。

 

1つ目は「会社としての成績(売り上げ)を少しでも大きくしたいから」です。

 

株式を公開(上場)している会社は勿論のこと、会社は決算書の数字は少しでもよくしたいものです。

 

決算月に数字を少しでも上乗せして、株主へのアピールを行いたいのです。

 

2つ目は、「自動車メーカーからの報奨金」が関係しています。

 

3月は卒業や引っ越しなどのシーズンですので、国内で車が一番よく売れる月です。各メーカーもほかのメーカーに負けないように、できるだけ多くの車を売りたいと考えています。

 

ディーラーはメーカーに対して、年間の販売目標台数(いわゆるノルマ)を設定しています。

 

このノルマを達成できれば、多額の報奨金がメーカーより支払われます。※新車の値引きはこの報奨金が原資なのです。

 

ですので、販売店であるディーラーも、年度の最終月は何としてもノルマを達成するため、営業マンに奨励金を用意したり、決算セールキャンペーンを展開するのです。

 

自動車メーカーも販売店であるディーラーも、そして店頭の営業マンも一番力を入れるのが、この「決算セール」なのです。

 

決算セール

 

本当に一番のお買い得なの?

 

メーカーやディーラーが一番力を入れる決算セール、本当にお買い得なのでしょうか?

 

TVコマーシャルや新聞の折り込みチラシなどで大々的にキャンペーンを行っていますし、インターネットで調べても決算セールはお買い得、と書かれていることも多いです。

 

確かにほかの月よりも値引きは多少は大きいかもしれませんが、慌てて決算セールで買う必要はない、と思っています。

 

なぜなら販売する側からあすれば、決算セーのキャンペーンは「集客ツール」の意味合いが強いからです。

 

ほかの月よりも極端に大きな値引きをすると、他店にその情報が知れ広まったり、ほかの月に買ったお客さんからクレームが来たりする可能性もあります。

 

ですので、オプションをサービス価格で提供したり、来店記念品などを用意して「集客」に力を入れるのです。

 

 

決算セールの値引きより、もっと重要な事がある!

 

確かに決算セールは、コマーシャルやチラシでよく目にするので、値引きも含めて気になるところです。

 

でも、実はもっと需要なことがあります。

 

それは、今乗っている愛車の査定金額です。

 

新車には標準価格があって、そこからの値引きがいくらなのか、どんなサービス品をつけてくれるのか、によって比較できます。

 

でも、車の査定金額には定価はありません。査定する側が自由に金額をつけることができます。

 

そして、困ったことに車の査定金額は他と比べることが難しい、という現実があります。

 

お店をいくつも回って、査定をしてもらうのも大変です。

 

インターネットで愛車の査定価格を調べてみても、最新の相場はのってはいません。

 

なぜなら、車の査定相場は、毎日行われている中古車オークションの売買価格と連動していて、「変動」しているからです。

 

車の査定金額は、お店によってこんなに違います。
査定金額の違い

 

車種によっては30万円以上の開きが出ることもあります。ですので、まずは愛車の最新の査定相場を知っておくことが重要です。

 

そうすれば、愛車を安く買い叩かれることを防げます。

 

愛車の最新の査定相場はこちらで調べることができます。

 

かんたん車査定ガイド

 

わずかな入力後、すぐに愛車の査定相場がわかります。

 

同時に、複数の買い取り専門店に査定を依頼できますので一番高く買い取ってくれるお店も探せます。

 

ディーラーからの新車の見積もりは、「下取りあり」と「下取りなし」の両方の見積もりをもらいましょう。

 

その見積書と先ほどのサイトで最高額を提示してくれたお店の金額と比べて、どこに愛車を売るかを検討することが、ベストな方法だと思います。

 

いまだに「下取りと値引きを合わせて〇〇万円です」なんて事をいうディーラーもいます。これは明らかに怪しいです。

 

下取りと値引きは分けて商談しないと、結構な金額を損してしまいます。

 

関連記事:なぜ同じ車なのに査定金額に差がつくの?