シニアの車買い替え|どんな車がシニアに人気?

シニアに人気の車の車

シニアといえば年齢にして60歳以上というイメージがありますが、みなさんはいかがですか?

 

気になって調べてみましたが、具体的な「定義」は無いようです。

 

ちなみに、東京ディズニーランドでは60歳以上が「シニアパスポート」を利用できます。ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)では65歳以上が「シニアパス」を利用できます。

 

シニアの年齢になると子育ても終わって一息つかれることでしょう。車を買い替えるとなると、「自分の好み」で車を選ぶことも可能です。

 

今回は「シニアの車買い替え」についてまとめてみました。

 

シニアに人気のある車って?

中古車情報メディア「カーセンサー」が独自に集計した60代の人気車種ランキングによると、1位は、三菱アウトランダーPHEVとなっています。

 

60代に人気のアウトランダー
画像:三菱公式ホームページ

 

30代や40代は、ファミリーの移動に適したステップワゴンやセレナなどのミニバンに乗っていた方も、シニアになってからは「自分の好み」で選ぶ傾向があるのでしょう。

 

SUVは今大変人気がある車種ですが、PHEVを選ぶというのも、まだま「だ新しいもの好き」と「人とは違ったものに乗りたい」というある意味若々しい志向といえます。

 

第2位はレクサスHS

 

高級セダンはやはりシニア層に人気が高いですね。レクサスブランド初のハイブリッド車として人気を集めました。

 

3位は日産リーフ

 

リーフは電気自動車(EV)のパイオニアとして登場以来、。初代から数えてグローバルではすでに28万台を販売したそうです。

 

初代は航続距離に少々難があって買い控えも起こっていましたが、2代目になって航続距離の問題は大幅に改善されました。CMでは400km走行可能、と言っています。

 

地球環境にも優しいEV、そして走りも独特の楽しさがあるリーフはシニア層にも絶大な人気を誇っています。

 

スポーツタイプもシニア層に人気

 

シニア倉は免許を取ったころは、ほぼマニュアル車しかなかったハズです。当時はクルマは若者の最大の楽しみでした。

 

「お金が入れば車をいじっていた」という人も、少なくないでしょう。

 

「また、いつかマニュアル車に乗ってみたい。」そう思っている人に人気があるのがスポーツタイプの車です。

 

オープンカーの「ダイハツコペン」、トヨタの「86」、マツダの「ユーノスロードスター」などのスポーツタイプの車のシニア層に人気があります。

 

60代に人気のユーノスロードスター
画像:MAZDA公式ホームページ「ユーノスロードスター」

 

安全性能も重視されている

アクセルとブレーキを踏み間違えてコンビニに突っ込んだ、駐車場から落下した、などの事故を時々耳にしますよね。

 

ナントこの踏み間違いによる事故は、年間6000件以上も発生しているようです。

 

年齢別で見てみますと、55歳以上で約半数を占めています。(公益法人事故総合分析センターのデータより)

 

この先何年も乗る車を買い替えるとなると、安全性能も非常に気になるところです。

 

最近の車には、標準装備もしくはオプション装備で誤発進抑制機能を装着できます。運転手は勿論のこと、同乗者を守るためにもシニアの型が車を買い替える時には必要な機能です。

 

【よく読まれている記事】
車の買い替え 下取りよりも買取が絶対お得!|車買い替えナビ